嫌われるメールの内容

出会い系サイトではまだ顔も合わせたことがない人とメールで交流することが出来る非常に素晴らしい出会いの場所だと言えます。

しかし、裏を返せばまだ顔を合わせていないということは相手に嫌われてしまったらすぐに相手は見限ってしまう可能性もあると言うことです。

これが毎日顔を合わせる必要がある人だったらたとえ相手と気が合わなくてもやり取りをしなくてはいけませんが、出会い系サイトでは他にも何十人もの人が自分の近くに居て交流できるわけですから無理にやり取りをする必要もなく相手に嫌われてしまったら見限られてしまうのも早いです。

出会い系サイトを利用していても全然相手にされないし、出会えないからこのサイトは悪徳業者が運営しているんだ!って思っている人ももしかしたら自分に原因があるかもしれないと思いましょう。

よく大手サイトでも全然出会えないと言う口コミがたまにありますが、原因は自分かもしれないと思っておきましょう。

ここでは嫌われるメールの内容を紹介していきますので当てはまっている人は絶対に送らないように気をつけましょう。

質問だらけのメール

一回一回質問ばかりをするようなメールばかりを送ってはいけません。

相手のことが気になっていろいろと質問をしていきたいと思うかもしれませんが、自分が質問をして相手からそれに対しての答えが返って来たのであればそこから話題を広げていくことが大切です。

ただ、何度も質問だらけのメールを送られてくるほうはメールをしていてもつまらないですよね。

何度もしつこく連続で送る

相手のことをもっと知りたいと思ったり自分のことを色々と知って貰いたいと思って何度もしつこくメールを送るのはいけません。

社会人ともなれば仕事中は携帯をいじれるときは休憩中の時ぐらいのものです。携帯を見たら何十件もメールが送られてきたらびっくりしますし、いちいち見るのも大変ですよね。

メールでも自分がメールを送ったら相手からの返事が来るのを待つようにしましょう。メールのキャッチボールをしましょう。

一度のメールの内容が長すぎる

大手出会い系サイトの多くは女性は完全無料で利用できますが、男性の場合はポイント制を採用しているところがあり一回メールを送るごとにポイントを消費をしていきます。一回一回のポイントは少ないですが、塵も積もればまともな金額になることもあります。

だからといって一度のメールでなるべく多くの情報を相手に送ろうと思って長すぎる文章を送っても相手からしてみれば見るのが面倒に思ってしまっています。

メールの基本は見やすく分かりやすくです。長文を送られても相手からしてみればいちいちメールを見るのが嫌なだけではなくて、自分も同じように長文で返さなくてはいけないのかな?って思ってプレッシャーになってしまいます。

小さなことをケチるよりも相手にしっかりと見てもらえるような文章作りが大切です。

チャラい絵文字だらけ文章

社会人ともなればある程度常識のある文章を送るのが基本ですよね。出会い系サイトでもある程度最初は丁寧な文章で敬語からスタートをしていかないと相手からしてみると常識がないように思われてしまいます。

チャラい文章でタメ口で絵文字だらけの文章を送られてきたら学がないのかな?って思ってしまいます。もちろん絵文字が駄目と言うわけではなくて使いすぎてはいけないと言う意味です。

特に30代、40代の男性が若者に合わせて絵文字やギャル文字を使ってメールで埋め尽くすようなことをしていたら女性からしてみればイタイ人と思われてしまいます。

上から目線の偉そうなメール

出会い系サイトでは色々な職業年齢の方が利用しています。場合によっては自分のほうが社会的立場も年齢も上だったりすることだってあります。

しかし、だからと言って上から目線の偉そうな態度で接してこられたら相手からしてみれば不快にしか思いませんよね。

たとえ自分のほうが社会的立場は上かもしれませんが、恋愛においては上下関係は必要ないですよね。ですからまずは対等、もしくは下から謙虚な姿勢で接するようにしましょう。

相手からしてみても自分よりも年上で立場も上なのに謙虚な人だなって思って好印象に映ると思います。偉そうな態度をしても相手は何も好印象には映りません。

自分のことをかっこいいと思って写メを何回も送る

自分をアピールをすることが大切ですが、自分のことをかっこいいと思って写メを送るのはNGです。

お互いに写メを交換してどんな人なのかイメージをする上で一度ぐらいは写メを送るのは良いかもしれませんが、何度もキメ顔を送ったり、自分に酔ったような詩を送ったりしても相手からしてみればナルシストなの?って思われてしまいます。

また女性でも良くあるのが自分の顔が大嫌い!とか良いながらも可愛くぶりっ子した写メを送るのも男性からしてみれば可愛いと言って欲しいんでしょ?っていう反感を買ってしまうので注意しましょう。

ネガティブで暗い卑屈なメール

出会い系サイトの利用者は恋愛だったり新しい出会いを求めて利用しています。そして新しい出会いと言うのは誰もが期待と希望に胸を弾ませているわけです。

恋愛と言うのは楽しいものですよね。ドキドキワクワクするものです。

それにも関わらず何かとつけてネガティブで卑屈な感じのメールを送られてきても相手からしてみればフォローを入れたり励ましたりしなければいけないので気が滅入ってしまいますよね。

会社の愚痴だったり、悪口なども相手に送ったりするのもいけません。相手からしてみれば自分も影で悪口を言われているんじゃないかなって思ってしまいます。

明るく前向きでポジティブな文章を送るようにしましょう。

嫌われるメールの内容と言うのは送られてきて自分が嫌だなって思う内容がほとんどです。

自分が作成したメールを一度見直して送られた来たらどう思う?というのを考えて相手にメールを送るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする