出会った時の接し方

出会い系サイトを通じて相手と出会う時の接し方について紹介していきたいと思います。出会い系サイトで仲良くなって意気投合して出会うことになるのはいいですが、ここからがようやく本番です。

出会い系サイト上で仲良くなったとはいえ出会うこと=付き合うと言うことではありません。

あくまでも好印象を抱いてもらっているとはいえ会った時に相手に失礼な態度をとったり、ガッカリされる行動を取ってしまったら恋人関係になったり自分の目的を達成すると言うことは難しくなってしまいます。

ただし、逆に言えば出会った時により好印象を与えることが出来たら一気に距離が縮まると言うことでもあります。特に出会い系サイトでは出会いを求めて利用しているわけですから距離が縮まるのも早いですよね。

とはいえメール上でコミュニケーションを取るのと会って接するのとではまた違ってきますから注意すべきことなどは沢山あります。

出会い系サイトで会うことは一つのゴールかもしれませんが、また新たにスタートラインに立ったということでもあります。

気を抜かずにしっかりと相手に自分をアピールしていきましょう。

人通りの多い場所で待ち合わせをする

出会い系サイトでいくら仲良くなったからと言っても初めて会うときというのは女性は特に不安や恐怖のほうが勝っています。

怖い人だったらどうしようとか乱暴されてしまったらどうしようとか強引に変なところに連れて行かれたらとか色々と考えてしまうものです。

男性からしてみればそんなことをするわけがないじゃないかって思うかもしれませんが、どんな人か分かるまではやはり怖いのです。

だからこそ人通りの多い場所で待ち合わせを男性のほうから提案をしてあげましょう。

人通りが多ければ周りに助けを求めることが出来ますし、変なことをされるリスクもありません。遠目から見て相手がどんな人かを知ってもらえるチャンスでもあります。

男性は人通りのほうが安心できるでしょ?って提案をすることで女性も怖い人じゃないなって思ってくれると思います。

人通りが多いところは交番もありますので交番で待ち合わせ場所に指定しても良いかもしれませんね。

待ち合わせの一時間前行動

初めて相手と会うときに絶対にしてはいけないのが遅刻です。時間に遅れると言うのはよっぽどのことがない限りしてはいけません。

社会人ともなれば時間を守って行動をしなければいけませんし、時間を守ると言うのは必要最低限のことですよね。

どうしても会社の残業で10分ほど遅れてしまうとかならば仕方が無いかもしれませんが、それでも相手からしてみれば絶対に印象は良くないですよね。

仕事終わりに会うということではなくてその日が休みだったら尚更遅刻をしてはいけません。

よくやってしまうのが待ち合わせの10分前とか5分前に着けばいいと思って行動をしてしまう人が多いですが、それだとちょっと電車やバスに一本乗り遅れてしまっただけで遅刻してしまいますし、駅が混んでいたとか人ごみが多かったら遅刻をしてしまうことだってあります。

待ち合わせ時間ギリギリで行動をしてしまうとちょっとしたことで遅刻になる可能性が高いですし、待ち合わせ時間に間に合うように走ったりするとせっかく整えた髪形などが崩れてしまいますし、気持ちも焦ってしまいますよね。

だったら30分前に着けばいいと思うかもしれませんが、その場合だと中途半端な時間だと近くの喫茶店とかに入ることも出来ずに待ち合わせ場所から動けないので疲れてしまいます。

だからこそ1時間前行動が一番良いのです。1時間前に待ち合わせ場所について近くの喫茶店に入ってコーヒーでも飲みながらゆっくり出来ますし、遅刻をする心配もありません。

また髪型などもトイレの中で整えたりすることだって出来ます。今日どんな話をしようと冷静に計画を立てることが出来ます。

気持ちに余裕を持って行動をすることが出来ますのでお勧めです。

相手の終電を気にしてあげる

相手とどんなに仲良くなったとしてもいきなりがっついた行動を取ってしまうとそれまでの信頼関係というのが一気に離れて入ってしまいますので気をつけるようにしましょう。

最初のデートではどんなに仲良くなって打ち解けたとしても女性をホテルに誘ったとしても成功率は低いです。それこそ最初のデートで付き合うことが決まったとしても最初のデートでは貞操を守りたいと言う人も多いですから一気に最初から最後に持っていこうとは思わないほうが良いです。

そこに絶対にホテルに向かうんだ!っていうことに執着するよりも最初は諦めて仲良くなって優しく接するようにするほうが良いと思います。

居酒屋とかでお酒を飲んだりするデートならばある程度時間がたったら終電とか大丈夫?って気にしてあげる心遣いを見せましょう。

そうしたほうが女性からしてみればがっついていないと思って安心できると思います。

付き合うまでは体の関係を求めても成功率が低いので成功率が高まるまでデートを重ねるようにしましょう。

告白は三回目のデートでする

告白をするタイミングとして世間一般的に告白は三回目のデートでするというのがもう定着していますよね。一回目のデート、二回目のデートを重ねて相手がどんな人かを見極めると思います。

三回もデートを重ねているのであれば好意を持っていることは間違いありませんよね。三回もデートを重ねているのであればお互いのこともある程度分かっていますし、付き合うことが出来るかどうかも判断できるでしょう。

恋愛マニュアル本や女性誌などでも三回目のデートが告白のポイントとなると言われていて告白をされる女性側もある程度告白をされるだろうと言うことで期待を込めてデートに来ています。

逆を言い返せば一回目や二回目で告白をされてもまだどんな人か判断できないと言われて断られてしまう可能性も高いですし、逆に四回、五回とデートを重ねても告白されなかったら相手の気持ちが冷めてしまいます。

ですから告白をするならば三回と決めてそれまでは相手と優しく接することだけに徹底してもいいと思います。

焦らず友達以上恋人未満の関係を楽しむぐらいでいましょう。

失敗しない告白の仕方

三回目のデートで告白をしようと思ってデートに臨むとなると非常に緊張すると思います。告白は何歳になっても何度しても緊張するものですよね。

もし断られてしまったらどうしようと思ったら告白するのが怖いと思ってしまいます。

しかし、だからといって告白をしないままでいると恋人になることは出来ませんから告白をして自分の気持を伝える必要があります。

だからこそ成功率を上げて失敗しない告白の仕方で伝えることが大切なのです。

一番してはいけないのが恥ずかしかったり断られるのが嫌だからと言って冗談半分で伝えたり相手の様子を伺いながら伝える言い方です。

告白をするのは男性が多いと思いますが、女性からしてみれば男らしく告白をして欲しいと思っていると思います。

普段からふざけるのが好きな人でも締めるところは締めるメリハリを見せないといけません。せっかく好意を寄せていたのに告白の仕方に冷めてしまって断ってしまったと言うケースもあります。

何よりも冗談半分で伝えて付き合えないと相手から言われたらその時はもっと真剣に伝えればよかったと後悔をすることになります。

やはり後悔だけはしないようにしっかりと真剣な表情と態度で伝えることが告白では一番大事なことです。

相手と向かい合って相手の目を真剣に見て告白をしましょう。

さらに告白をするシチュエーションにもこだわらないといけません。女性はやはりイルミネーションが綺麗な場所だったり夜景の見える場所で告白をされたいと思っている人が多いです。

ロマンチックな雰囲気で思わずオッケーをしてしまったと言う人も少なくありません。

真剣な態度と雰囲気を味方につけて告白をすれば成功率はグッと高くなると思いますので実践しましょう。

出会ってから付き合うまでは一瞬も気を抜かないで相手と接していくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする